給湯器の故障の時は

給湯器の不具合が起きたら

トップ / 給湯器の不具合が起きたら

給湯器から発する安全装置の対応

給湯器の安全装置が作動するには、経年劣化による熱交換器の不良と、長時間の使用で発生する酸欠が考えられます。これらは不完全燃焼を引きおこす要因となり、一酸化炭素による中毒の危険性がはらんできます。装置の作動には、稼働時に機器から煙が出ていることがサインとなり、早急に換気を行う必要があります。給湯器の安全装置が作動すると、機器内の燃焼が停止されるので、業者に問い合わせて修理することが求められています。また、一酸化炭素中毒は死亡事故にもつながるおそれがあるため、駆けつけたスタッフの指示に従って安全行動に励む必要があります。

安全装置の不具合が頻繁なら

給湯器は火や熱を利用しているので、危険な部分があることは間違いありません。危険な部分があるからこそ安全装置があるのですが、実はこの装置は不具合を起こしてしまう可能性があります。不具合が起こってしまった場合は、修理することを必要としているのですが、修理をしても直らない場合もあります。これは仕方がない部分でもあるのですが、しかし不具合や誤作動などが起きてしまうのはもちろん使い勝手が悪いです。なのでもし給湯器の安全装置不具合が頻繁に起こるようでしたら、メーカーも変えて違う商品にすることも必要としているので、覚えておきましょう。

給湯器の交換する時の情報